見上愛、一番モテた時期は女子高時代!ハライチ澤部佑は中学のバスケ部/JRA「日本ダービーPR発表会」

  • 2022.09.08
  • JRA
見上愛、一番モテた時期は女子高時代!ハライチ澤部佑は中学のバスケ部/JRA「日本ダービーPR発表会」

見上愛、一番モテた時期は女子高時代!ハライチ澤部佑は中学のバスケ部/JRA「日本ダービーPR発表会」

見上愛は、“ジョッキー姿”で馬像に乗って、ハライチ 澤部佑は、“フォーマルなスーツ姿”で登場!馬像に乗っての入場に、見上も思わず「本物みたい!!」と大興奮!“自分にピッタリなダービー馬”がわかる「HERO診断」を二人で体験!2022年5月23日「第89回 日本ダービーPR発表会」を開催!

発表会冒頭では、ジョッキー姿で馬像に乗った見上が、フォーマルスーツに身を包んだ澤部と、JRAのマスコットキャラクター「ターフィー君」の誘導で入場した。

馬像に乗っての登場について「まさか実寸サイズだと思っていなくて…本物の馬に乗った感覚そのままで楽しかったです」と興奮した様子の見上。澤部は「興奮しました。見上を馬に乗せて、それを連れてくるというのが芸人を始めた時の夢だったので、今芸人をやめてもいいです!笑」とコメント。

MCから衣装である勝負服について褒められると、はにかみながら「ありがとうございます。かっこいい衣装を作っていただいて、このまま私もレースに出られるんじゃないかと思いました」と答える見上。澤部も「フォーマル澤部をお見せすることはあまりないので特別ですね。今日は気合が入っています」と気合十分な様子だった。

CM上映が終わり、プログラムは『日本ダービーHERO診断』についての紹介へ。簡単な3つの質問に答えるだけで、回答者にぴったりのダービー馬を診断することができるというMCの説明に対して「最高じゃないですか!」と興味津々の澤部。

さらに2018年から3年間日本ダービーの実況を担当し、長年競馬シーンの第一線で活躍するアナウンサーの福原直英がダービー馬の解説役として合流、福原の「是非これから3人で日本ダービーの歴史を作っていきましょう!」との日本ダービーへの熱の籠ったコメントとともに、『日本ダービーHERO診断』がスタートした。

診断体験の終了後、ゲストのお二人には『日本ダービーHERO診断』の体験記念として、人々の記憶に深く刻まれる“HERO”に絡めて、お二人それぞれの人生の中で、深く記憶に刻まれている“HEROだった瞬間の写真“をカードにしたオリジナルHEROカードをターフィー君からプレゼント。

見上が“HEROだった瞬間の写真”は「高校3年生の文化祭」。MCから当時について質問された見上は「ファッションショーとバンドをやったんです。バンドではギターとボーカルをやっていて、後輩たちが盛り上がってくれました。文化祭の時だけは人気でした。笑」と当時を懐かしむようにコメントした。

次に話題は澤部が“HEROだった瞬間の写真”へ。MCの当時についての質問に対して「これは中学3年生、バスケ部副キャプテンの時の写真です。20kg以上痩せてますし、眉毛も細いし、人生で一番モテました。この頃は自信があったので、恋愛では情熱的でしたね。高校デビューに失敗してクールになりました」と当時を懐かしむ澤部らしいエピソードを披露してくれた。

【関連記事・動画】
■[動画]見上愛、受験にど緊張!眼鏡もガクガク!緑黄色社会が新曲「キャラクター」で応援/森永inゼリーCM

■[動画]佐藤大樹×見上愛、リアルなラブシーン!FANTASTICSがエンディング主題歌/ドラマ『liar』番宣映像

■[動画]佐藤大樹×見上愛、目隠しにペンキが直撃!衝撃のメイキング公開/ドラマ『liar』オープニング映像メイキング

#見上愛#ハライチ澤部#日本ダービー

【最新アップロード動画】

【最近の人気動画ベスト5】

【人気俳優インタビュー動画】

【ムビコレ】

【twitter】

【Facebook】

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶

JRAカテゴリの最新記事